薬剤師 クリニック研修

【薬剤師 女性 25歳】 2009/8

私は8/17~8/22の期間クリニック研修をさせていただきました。
クリニック研修があるということは入社前から知っていて、不安もありましたが楽しみにしていました。
当たり前のことですが、胃カメラやレントゲン、採血などの検査や処置、また先生と患者さんの診察室でのやりとりなどは薬局では見ることができません。そういった普段は経験したり見たりすることのできないことを経験できたのは、とても面白く、とても勉強になりました。
印象に残ったのは、患者さんに対する先生の病気の説明の仕方でした。
先生は患者さんに、病気についての説明はもちろんのこと、その治療法とその目的についてとても細かく丁寧に、言葉だけではなく具体的なイラストを使ったり先生自身が書いたりしながら言葉をできるだけ簡単に患者さんが理解できるように説明していたことでした。
患者さんの中には服用を勝手にやめてしまう方もいましたが、そういった患者さんには止めたことによるリスクを丁寧に説明して、もう一度治療を開始することを説明していました。そのときの先生のお話は、服薬指導をする時に注意すべき点がたくさんありとても勉強になりました。
薬剤師としても、患者さんにどういう目的で薬が出ているのかをできるだけ理解してもらい、病院の先生が処方した薬をしっかりと服用してもらうことが本当に大切なのだということを痛感しました。
また、わたしが研修させていただいた期間は新型インフルエンザに罹った患者さんも多くて、インフルエンザテストを、いつ、どういったタイミングで行うのがより正確なのかということや、感染した時の対処方法などを先生に細かく教えていただきました。
新型インフルエンザは今も感染が広がっているので、先生に教えていただいたことは、これからの患者さんへのアドバイスとしてとても勉強になりました。そしてまた、もしも自分が新型インフルエンザに感染した場合にどのように対処すればいいのかということなど、いろいろな面で勉強になりました。
薬剤師としてもっと勉強し、知識を増やして、今回のこの研修で得たことをこれからの業務にしっかりと生かしていきたいと思います。
最後になりましたが、お忙しい中、研修を受け入れて指導していただいた先生、クリニックの皆様、本当に有難うございました。